求人に体験入店って書いてないけど申し込める?

風俗の求人情報はいまではインターネットで見ることもできます。検索サイトで調べてみたらかなりの量の風俗求人がヒットします。中には自分のこだわりの条件を指定してから検索をすることでより自分に合った仕事を見付ける事ができるようになるといいます。
そんな求人情報の中でも「体験入店」について触れていない広告がありますが、そんな店に体験入店をしてみたい、とどうしても思った場合はどうすればいいのでしょうか?

電話をしてみること

いちばん早いのは、お店に電話をしてみることです。「お店の広告を○○で見ましたが、体験入店のはなしをされていませんでした。体験入店はできますか?」などの台詞を言えばOKです。すると、お店側は色々な答えを返してくれるでしょう。

「してますよ」のパターン

gregrea
言ってみると案外すんなりとお店に案内してくれ、普通に体験入店をすることができるというパターンです。広告に載っている情報だけでなく、きちんと問い合わせをしてくれたことにより、特例として体験入店が認められたのかもしれません。

「してません」のパターン

これはお店側にやはり何らかの不具合がある場合でしょう一概にこう言ったお店は悪いというわけではありませんが、注意をした方が良いかもしれません。

要相談のパターン

実際には体験入店は実施しているけれど、日程などはすぐに決めることができないという連絡をしてくるところもあるそうです。こう言った場所は入店が決定しないと体験入店もできない、なんて妙な理屈を並べ始めるので注意が必要です。
体験入店は最近のお店では当たり前と思われていますが、古いお店では行っていないことが多くありますので、気を付けて、風俗のアルバイトを始めてくださいね。
「体験入店ができる」なんて言って実際はそんなことをした人はいないんじゃないの?なんて疑心暗鬼にかられる人も多いのではないでしょうか。とくに初めて風俗の世界で働くという人にとっては全てが初めて見る光景ですので、風俗の体験入店なんて制度も真新しく戸惑ってしまう気持ちもわかります。しかし、風俗の体験入店は必ず行うべき、と言っても過言ではありません。
tjytddtk

実際に体験入店をした人は

風俗の面接に行ってから、体験入店を薦められ、断った人は少ないという情報があります。少ないどころか、「今まで一度も断ってきた子はいない」と言い切るお店もあるくらいです。そのくらい体験入店は知れ渡っており、気軽に利用することができるという存在なのです。
実際に、体験入店を行った後、そのお店で働くことを断ったという人も結構多いようです。それを考えると、面接後、いきなりお店に飛び込ませて、予想と違ったからと逃げられたらお店としても困りますし、逃げた本人としても、重荷を背負ってしまわなければいけません。そのため、そんな後悔をさせないためにも、体験入店という制度があります。

体験入店のいいところ

体験入店の良いところはやはり、最終的な決定権をもつものであることです。なんだか難しいことを言ってしまいましたが、実際にお店を見ただけでは、どんな内容のお店なのか、自分が実際に働くことはできるのか、など感がること・悩むことはたくさんあります。そんな不安を抱えたまま実際に働くことはできませんよね。
体験入店はそんな人の後押しをするための存在でもあります。このお店で働こうか迷っている、そんなときに利用してほしいものです。一日だけの体験だから、合わなければやめればいいという気楽感から利用する人も多いのです。


↓おすすめサイト↓
体験入店が出来る風俗求人なら【高収入ドットコム】稼げる体入速報はコチラ!
http://www.kosyunyu.com/tainyu/

Wgat's New

風俗サイト紹介

アーカイブ

ページ上に戻る